無料ブログはココログ

« 稚内の夜 | トップページ | 京町温泉 »

2012年1月13日 (金)

宗谷本線の駅舎

沿線人口が少ない宗谷北線ですが、もちろん駅はあります。1日3往復の特急列車が止まる駅には駅員さんがいて、それなりの規模が有ります。

0088

例えば音威子府駅。こちらは地元の宗谷バスの窓口もあり、音威子府村の交通センターとして機能しています。この地方の蕎麦粉を使った駅の蕎麦屋は有名ですね。

特急列車が止まらないローカル駅は殆どが無人駅です。駅が無人化されると建物はどうしても傷みがちになるから古い木造の駅舎は取り壊されることが多いのですが、北海道の場合は厳しい冬の風雪を避けていただこうという配慮でしょうか、小さな駅にもそれなりの駅舎があるのです。

0084

たとえば恩根内駅。近くに集落があるのでしょうか?。豪華な建物ではありませんが、それなりの体裁を持っています。

0085

こちらは筬島駅。余った車掌車を改造した駅舎に取り替えられてしまいました。このように車輪をもがれて地面に駅舎代わりに置かれたものを「ダルマ駅」と鉄道趣味界では呼んでいます。以前は立派な駅舎が建っていたのでしょうけど、国鉄末期のコストダウンで取り替えられたのですが、それから四半世紀の経て、すっかり地元の景色に溶け込んでいます。

0083

駅の格がさがるとこんな感じの駅もあります。これは初野駅。殆ど工事現場のプレハブ事務所ですね。

0087

究極は糠南駅。家庭用の物置そのものです。建物の中には除雪用のスコップなどが置かれています。それでも待合室として使って欲しいという意図があるのでしょう。側面には明り取りと換気を兼ねた窓が増設されています。

味気ない駅もあれば、これは!と思わせる雰囲気を持った駅もあります。宗谷北線は距離が長いので、特急が止まらない駅でもダイヤの関係で交換設備が残っていたりします。それらの駅は保線関係者や冬季の除雪作業員さんの詰所を兼ねているので、いまだに古い駅舎が残っていて、それらが永年の風雪に耐えて良い味をだしているのです。宗谷北線では抜海駅や豊清水駅がそれにあたります。

0093_2

雄信内駅もその1つ。北海道らしい地名ですね。「オノップナイ」と読む。北海道にありがちなアイヌ語の地名をそのまま使っています。「オ・ヌプ・ウン・ナイ(川口に原野のある川)」(ウィキペディアによる)だそうです。

0092

かつては駅員さんが勤務し、列車の到着のたびに地元のお客さんで賑わった駅舎には堂々たる駅名標が掲げられています。

単調になりがちな車窓の風景ですが、時おり現れる駅と駅舎を見て楽しむのはいかがでしょう。

« 稚内の夜 | トップページ | 京町温泉 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/53708571

この記事へのトラックバック一覧です: 宗谷本線の駅舎:

« 稚内の夜 | トップページ | 京町温泉 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30