無料ブログはココログ

« 【San Francisco】Jack London Square | トップページ | 【San Francisco】ケーブルカーの技術的疑問 »

2011年10月20日 (木)

大山Gビールへ駆け上がる

季節はすっかり秋なのに、書き遅れていたい夏のビール巡りの話を書き始めようと思います。

毎年、夏休みには九州へ行くことが恒例になっていました。その行き帰りにあちこちに寄って汽車旅とビールを楽しむのも恒例です。昨年は四国経由で九州入りしたので、今回は山陰を回ってから九州へ入ることに。まずは東京から山陰へ向かう入り口にある大山Gビールさんを訪ねました。

G008

大山Gビールさんの最寄り駅は伯備線の岸本駅です。普通列車しか停まらない、思い切りのローカル駅で、周囲は田んぼに覆われています。このような駅に降りてどーする!と思ってしまいますが、駅前には地元のタクシー会社の営業所があるので、大山Gビールさんまで歩く・・・・という苦行をしなくて大丈夫です。営業所で一休みしていた運転手さんを起こして、大山Gビールさんへ運んでもらいました。片道2500円ぐらい、タクシーは大山の山麓を駆け上がっていきます。車窓は傾斜地にもかかわらず見事に整地された田圃が続いています。かなり登ってきて、あと少しで大山Gビールという場所にあるのが「八郷」という古い集落で、こちらで取れたコメを使ったのが大山Gビールの「八郷」という商品だそうです。あとで飲みましたが、とても美味しいビール?でした。

G011

大山Gビールに到着です。山麓の農業エリアから観光エリアの境ぐらいにあるのが大山Gビールの本拠地です。

G009

昼のランチタイムでしたが、さすがに夏休みでしたので家族連れで賑わっていました。私はいつも通りの独り旅なので、まずはビールを注文して、適当に料理を頼みます。でも家族連れの方が頼む量を設定しているようで、豆腐のサラダは、ドカン!と出されます。

G010

ピザを頼めば、フルサイズで出されます。この日は朝から何も食べていなかったので、全ていただきましたが、料理に合わせてビールも相当数頼んだので、店を出た時にはべろんべろんになってしまいました。




« 【San Francisco】Jack London Square | トップページ | 【San Francisco】ケーブルカーの技術的疑問 »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/53027655

この記事へのトラックバック一覧です: 大山Gビールへ駆け上がる:

« 【San Francisco】Jack London Square | トップページ | 【San Francisco】ケーブルカーの技術的疑問 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30