無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の2件の記事

2011年9月 1日 (木)

秋田に行ったらあくらビール

田沢湖ビールでしこたま飲んで、同じ敷地内にある温泉施設で休憩(昼寝)してから秋田市内へ。ここへ来たならあくらビールに寄らないわけにはいきません。

039

場所は駅前の繁華街、官庁があるエリアとの中間エリア。都市の合間の落ち着いた場所にあるのがあくらビールの施設です。建物に囲まれた中庭には椅子が置かれていて良い雰囲気です。

041

あくらビールを飲める店は、レストランとカフェがありますが、私は醸造所2階のカフェが定番。あくらビールは、いつも何か新しいスタイルにチャレンジしていて、とても面白いです。通っていると“いつもの席”が出来てきます。私はL型カウンターの短い方。何のことはない、この席がいつも空いているからです。店員さんとの会話を楽しみながら、秋田の夜が更けていきます。

【San Francisco】Street Car Museum

数ヶ月前になったサンフランシスコ旅行のネタですが、友人たちから問い合わせを受けたので、散発的に続けることにしました。

鉄道ファンがサンフランシスコの中心街Market Stに立てば、まず注目してしまうのがFラインの車両たちです。

Museum051

高層ビルが立ち並ぶ街並みに、クラシカルな路面電車は思い切り目立っています。観光地のフィッシャーマンズワーフへと走っているFラインは、あえて古い車両を集めて走らせているのです。

Street_car_museum007

あえて古い車両を走らせること、それは市当局の理解だけでなく、多くのボランティアの協力が必要です。その根城の1つがStreet Car Museumです。場所はサンフランシスコのフェリーターミナルの近く。Fラインに乗れば目の前に電停がありますので、迷うことはないでしょう。

Street Carをキャラクターに使った土産物の販売スペースが大部分を占めていて、肝心の展示が少ないのは残念ですが、少ないながらも展示されている画像を見ますと、Street Car全盛の頃を垣間見ることができます。関連団体(おそらく本体?)が設置しているサイトは、サンフランシスコを訪ねようとする鉄道ファンには必見です。
http://www.streetcar.org/
英語だけですが、鉄道ファンには見ているだけでも楽しいです。



« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31