無料ブログはココログ

« 【San Francisco】Rogue | トップページ | 【San Francisco】Jack London Square »

2011年7月 7日 (木)

【San Francisco】ケーブルカーの技術的疑問

楽しく乗ったケーブルカーですが、乗れば乗るほど「ここはどうなっているのだろう?」という技術的な疑問は深まるばかり。それを解決する前に楽しかったサンフランシスコ旅行も時間切れになってしまいました。

Img_1094

新しくないケーブルカーですから最新技術を使っているわけはなく、目に見えるところは見ての通りで解るのです。解らないのは路面下に隠れている部分、具体的にはケーブルがいかに働いているか?ということです。

Img_1093

例えば、地形の関係で張力を持ったケーブルが浮き上がってしまう場所で、どのようにケーブルを保持しているか?という点。ローラーで保持しつつ、ケーブルカーが通過する際には保持を外す、そのメカニズムが知りたいのですが、その装置は路面下に入って見れません。

Img_0809

路面上に見えているグリップの切り取り、点検用のハッチの形状を見ると、少なくとも2種類の保持装置があるように見えます。どのように使い分けているのか???。

Img_0891

またカーブ区間でケーブルの張力と牽引力がどのように案内されているのか?も興味ある。区間を小分けにして小さなローラーを並べているのだろうか。路面に空いているハッチを開けて見たいという衝動にかられます。

Img_0539

ケーブルだけでなく、時おり見られる不可解な3線区間は何故に存在するのか?。1本のレールを両方で使うケースはインクラインなどで見たことがありますが、溝付きレールを使っているサンフランシスコのケーブルカーでは両方に溝が付いている、きわめて特殊なレールを使っています。何故にこうしたのか?。ガントレットのような4線区間でも良かったのでは?。

Img_0931

ケーブルの配置、パワーステーションになっている車庫の配置の関係でパウエルハイド線とカリフォルニア線との間に回送用の連絡線があるのは解ったけど、こちらにも例の3線区間がある。また回送車両がどのケーブルを掴んで、またケーブルを放して坂を下り、どのように渡り線を動いていくのかも、解ったようで解らない。

Img_0804

分岐器も、スプリングを仕込んだ分岐器を、必要な時に車掌さんがヨイショと動かして保持して車両が通り過ぎたら手を放す、という極めて原始的な運用をしているのは解ったけど、左右のトングレールの他に、グリップを案内する一種のトングレールの存在と、それらを動かす器具の形態がよくわからない。どのようにケーブルを逃がしているのか・・・・。

Img_0317

帰国後に友人を経由して、私の疑問をある程度、解決する文献に出会いました。鉄道の技術者がケーブルカーの見所を解説したもので、私の疑問をある程度の疑問は解決できましたが、やはり現地に行って再び確認したくなります。次にサンフランシスコを訪ねることが出来るのはいつの日のことか、その際には乗ることが出来なかったカリフォルニア線には是非とも乗りたいものだと思いつつ、再び訪ねることが出来るのか?、という大きな疑問が残ります。大げさな書き方をしますが、私の人生の宿題としつつ「サンフランシスコ旅行」の書き込みを終えたいと思います。

« 【San Francisco】Rogue | トップページ | 【San Francisco】Jack London Square »

こだわり」カテゴリの記事

サンフランシスコ旅行」カテゴリの記事

サンフランシスコ鉄道めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【San Francisco】ケーブルカーの技術的疑問:

« 【San Francisco】Rogue | トップページ | 【San Francisco】Jack London Square »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31