無料ブログはココログ

« Japan Craft Beer Selection 2011開催へ | トップページ | 【San Francisco】ケーブルカーとは? »

2011年7月27日 (水)

CRAFT BEER FESTIVAL in AKITA 2011

先日、CRAFT BEER FESTIVAL in AKITA 2011のチラシを入手しました。関係者から渡されましたので、紹介せよ!とのことなのでしょう。先方の期待に応えて、このブログで紹介しますね。

CRAFT BEER FESTIVAL in AKITA 2011の概要はこちら
http://www.aqula.co.jp/akitabeerfes/

私が注目しているのは出展ビールの銘柄。こちらもサイトウチに掲載されています。この中で私が現地で飲んだことの無い銘柄は、直営レストランや試飲スペースを持っていない数銘柄のみです。

銘柄数は47。都道府県の数と一致していますが、意図したものではないとのこと。これだけの数があればどのビールを飲もうか迷ってしまいますので、私の注目銘柄を記しておきましょう。

【北海道】
ノースアイランドビール
おそらく定番商品のコリアンダーブラックを出品すると思います。このビールが面白い!。小規模醸造のクラフトビールが造れるビールをお楽しみいただきたいです。

【東北】
あくらビール
このイベントの主催者ですからね(笑)。いまや東北を代表するクラフトビールの1つという地位を確立しているあくらビールですが、ほんの数年前までは注目を集めることのなかったあくらビールの躍進ぶりには大いに注目したい。クラシカルなジャーマンスタイルから、アメリカンの苦味系ビールあり。どのビールが飲めるかは当日のお楽しみです。

奥入瀬ビール
思い切り第三セクターのクラフトビールですが、失礼ながら意外に良いビールを造っています。

みちのく福島路ビール
時期がら「東日本大震災の復興」というイメージが重なります。その象徴的存在がみちのく福島路ビール。地震そのものの被害より風評被害に苦しんでるようです。でも造っているビールは本物です。

【関東】
プレストンエール
このビールに対して良い評価をするのは、もしかしたら難しいのかもしれない。両国POPEYEでは一番売れている銘柄の1つであるけど、他のビアパブでは扱いかねているみたい。古くからのファンとして、当日の評判が気になるところです。

【中部】
志賀高原ビール
オラホビール
よなよなエール
中部地方長野県はいつも激戦区です。クラフトビールの老舗よなよなエールと、確固たる地位を持っている志賀高原ビールに対して、オラホビールの若いブルワーさんのビールが良い評価を得られるのか?、注目です。

【九州】
宮崎ひでじビール
本体から独立したひでじビール。零細企業(←失礼!)のよちよち歩きですが、以前にも増してよいビールを造っているとの評判です。

CRAFT BEER FESTIVAL in AKITAは今回で2回目の開催です。昨年は猛暑の影響で炎天下の会場で飲むと熱射病?で頭がクラクラしてしまいました。今年は秋田駅前のアーケードで大屋根がかかっていて、強烈な直射日光と雨天でも大丈夫です。参加者は大いに飲んでいただきたい。日本地ビール協会が催す規模の大きなビアフェスも良いですけど、このような地方の有志が開催するビールのイベントも面白いですよ。







« Japan Craft Beer Selection 2011開催へ | トップページ | 【San Francisco】ケーブルカーとは? »

ビールのイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/52318705

この記事へのトラックバック一覧です: CRAFT BEER FESTIVAL in AKITA 2011:

« Japan Craft Beer Selection 2011開催へ | トップページ | 【San Francisco】ケーブルカーとは? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31