無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の8件の記事

2011年5月31日 (火)

けやきひろばでビアジャック

木曽路ビールさんはけやきひろばのイベントでも大人気で、最終日の日曜日の昼ごろには全て売切れになってしまいました。

019

早々と店閉まいの作業かと思ったら、何やら怪しい男たちがブールの前に現れました。

021

ブースの看板に何やら貼っています。どうやら石狩番屋ビールさんにビアジャックされてしまったようです。

022

石狩番屋ビールの2号店の出来上がりです。石狩番屋ビールさんはブルパブを持っていないので、他社さんの店を借りて営業するビアジャックが得意技です。ギャング顔の番屋社長さんに快く場所を提供する関係者のみなさま。ビール業界の横の繋がりも強くなっているようです。




2011年5月28日 (土)

けやきひろば春のビールまつり

5月19日から22日まで、さいたま新都心のけやきひろばで「春のビールまつり」が行われました。

013

場所はさいたま新都心のビル街の中庭、けやきひろばで行われていました。仮設のイベントなので出展者がテントをだしての販売です。

016

名前のとおり、けやきが植えられた広場で、木々のしたで皆さんが座って楽しんでいる。とても良い雰囲気です。

017

018

この日のために、ビルの中庭では楽団の演奏が行われていました。

今回は木曜日から日曜日の4日間の日程で行われていました。特に天気が良かった土曜日は会場は多い賑わいで、多くのビールが飲まれたようです。私が行った日曜日は昼まではまずまずの天気でしたが、13時過ぎに黒い雲が流れ込み、突然の土砂降りに。風も強くなりイベントは中止になってしまいました。天候の悪化は屋外のイベントではどうしようもないですが、尻切れトンボ的な幕引きは残念です。来年もやるのかなぁ。雰囲気が良かったのでまた行きたいです。

2011年5月21日 (土)

花より団子の田沢湖ビール

角館の桜は盛りを過ぎていたのは書いた通り。花から葉への移り変わりを楽しめたのですが、やはり桜は花です。味わえなかったのは残念ですが、元から「花より団子」なので、本来の目的地へ行くことにしましょう。


010

田沢湖ビールの前の道路もちょっとした桜並木になっていますが、こちらも葉桜に変っていました。

009

ブルワリーとレストランの前はちょっとした庭園風のつくりになっていて、木々の新緑が瑞々しいです。気温も上がってきたのでビール日和です。とにかく店に入ってビール!です。

012

田沢湖ビールのレストランに入ると、「いつも」ありがとうございます。と声をかけられました。通っているつもりはないですが、ここ数回は冬の中途半端な時間帯に独りで入って、飲み放題コースを頼んでいますから、怪しすぎるビアマニアと覚えられてしまったようです。

それでも、いつも通りに飲み放題コースを頼んでしまいます。まずはケルシュで乾杯!。田沢湖ビールのケルシュは最近とても評判が良い。豊かな香りと、すっきりした味わいが両立させた素晴らしいビールです。ついついお代わりしたくなりますが、次のビールへ。

田沢湖ビールの飲み放題コースは(確か?)1050円という格安の設定です。普通の人なら大満足ですし、若干の余裕をもって「ラスト・オーダーです」と秋田美人の店員さんが告げに来てくれます。ただゆっくりいっぱい飲みたい私にはちょっとあわただしいので、さらに1時間延長してしまいました。ますます顔を覚えられてしまったようです。

2011年5月20日 (金)

角館の桜・・

5月の連休に東北へ行ったからには、桜を期待してします。今年は雪が多くて、春の訪れが遅かったようです。桜の名所の角館では5月の連休の前半から中盤が花の盛りに重なり、大いに賑わったようです。でも私が訪ねたのは連休終盤で、盛りを過ぎて葉桜に移り変わる頃でした。

001

それでも武家屋敷と桜の組み合わせは見事です。

002

有名な桧木内川の桜のトンネルの様子。散った花びらが絨毯のようになっていました。

2011年5月15日 (日)

戸隠

秋田に面白い蕎麦屋さんがあります。

0058

県庁や市役所に近い繁華街のビルにあるお店です。外から一見するとごく普通の蕎麦屋さんですが、

0059

会談にはビールの瓶がずらり。なにやら楽しそうな雰囲気です。

八重洲のバッカスを切盛りしていた三浦さんが、秋田に戻られて若主人として働いているお店です。すぐ近くのあくらビールと一緒に、秋田にクラフトビールを根付かせようと、あれこれ活動をされているようです。定期的にビールを楽しむ会を開催したりして、少しずつビールファンを増やしています。昨年から始めた秋田のビアフェスティバルも活動のひとつ。ビールファンとしては大いに応援したい店です。

さて先日、飲みに行ってきました。
基本的には蕎麦屋さんです。夜は蕎麦屋さん兼和風居酒屋さん。こちらは三浦さんの両親さんの担当のようです。日本酒もありますが、それにクラフトビールが加わるという面白い組み合わせ。

蕎麦もおいしかったですし、テンプラも美味しかったです。蕎麦屋としても十二分にいけます。クラフトビールが加わって、さらに魅力的な戸隠さん。また行きますね~。

2011年5月12日 (木)

【San Francisco】道を聞かれる

久々の海外旅行で、テンションあがりまくり。市内交通の乗車券を買っていざ乗り歩きへのスタートです。フィッシャーマンズワーフ方面へ行く路面電車の電停に立って電車を待っていました。

バックパックは使わないので、私の服装は普段着そのもの。電停に立っていると、旅行ガイドブックを持った女性2人が迷っている様子で、遠目で「あの人に聞いてみようか」との声が聞こえてきます。私のことを地元の日系人のオッサンと思ったようです。案の定、旅行ガイドブックのそれっぽいページを開いて、「Excuse me」と尋ねてきました。思い切りの日本語で「「はい、なんでしょう」と答えました(笑)。「フィッシャーマンズワーフだったら次に来る路面電車に乗って15分ぐらいだよ」、と。仕事で現地地滞在の日本人と思ったのでしょうね。私は思い切り観光客なのにー。

2011年5月11日 (水)

あくらビールと仲間たち

秋田市内にあるあくらビールがここ数年前から注目されているようです。東京のビアパブでも見かけることが多くなってきました。古くからのファンには嬉しい限りです。

004

東京や大阪の大都市で有名になるだけでなく、地元の秋田にも少なからずのファンがいるようで、たまたま別の場所で開催されていたビールイベントの2次会の面々がカウンター席で飲んでいました。この面々と組んで9月10・11日の予定でビールイベントを計画しているようです。去年から始まった秋田でのビールイベントですが、今年は会場も広くて秋田駅前かつ屋根付きのとても良い場所です。集まるビールも種類、量ともに増えるようで、とても楽しそうなイベントになりそうです。今から楽しみです。

震災後に初めて東北へ

東日本大震災が起こった3月11日に、私は自宅に居ました。激しい揺れにビビった。本当に死ぬかと思った。でも幸いにそれだけで済んだ。その後はテレビで東北の沿岸部を襲う津波の生々しい映像を見た。再びビビった。そんな状況だから、3月中は遠出は控えた。

4月になって、自分の周りが少しづつ落ち着いてくると、被災地の復興支援のイベントに顔を出したり、自ら企画に参加したりした。その際に被災地に近いブルワーさんとも連絡を取り、「近いうちに行きますよ~」と言って電話を切るのが常でした。

ゴールデンウィークを目前にして東北新幹線が運転を再開した。今こそクチ約束を果たす時が来ました。

Photo

これは、東北新幹線の運転再開と合わせて始めたキャンペーン「つなげよう、日本」のロゴ。東北新幹線の車体に張られていました。東北新幹線の運転再開をもちまして、九州の鹿児島から東北の青森まで新幹線で結ばれました。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30