無料ブログはココログ

« 2011年のビール初めは | トップページ | 箕面ビールへの道のり »

2011年1月26日 (水)

湘南ビール

すこし前の話になりますが、湘南ビールさんを訪ねました。

湘南ビールのブルワーさんは、まだ若い(恐らく30代前半)方ですが、今ノリに乗っているブルワーさんで、造り出される湘南ビールは多くの高い評価を得ています。ブルワーとしては同世代のスワンレイクビールさんのブルワーさんとともに、今後の日本のクラフトビール業界を担っていく1人でしょう。

さてその湘南ビールさんですが、湘南地方で唯一の日本酒の蔵である熊澤酒造さんが母体となっています。最寄駅はJR相模線の香川駅です。ブルワリーと酒蔵がある場所は茅ヶ崎市なので湘南には違いないのですが、最寄り駅はJR相模線の香川駅で、湘南イコール海岸の風景にはほど遠い、住宅と畑が混在する雰囲気の中にあります。どちらかというと私が住んでいる東京都練馬区に近い雰囲気の景色が広がっています。

0001

駅から細い2車線の道を歩いて10分ぐらい。意外に交通量が多いので注意が必要です。この雰囲気の中にブルワリーが有るのでしょうか?と不安になってきますが、やがて大きな看板が見えてくるので、迷うことは無いでしょう。

0011

熊澤酒造の入り口に湘南ビールのブルワリーがあり、ガラス越しに醸造設備が見える簡単な見学スペースが設けられています。ここで勉強してから湘南ビールのレストランを目指しましょう。

0006

レストランの建物は酒蔵を改装したもので、白壁と木の柱が本来は日本酒の蔵である熊澤酒造を表現しています。トラディショナルな空間は、イタリアン中心のレストランのメニューとも似合っています。

0005

店内の目立つ場所にビザ釜が置いてあります。ここで焼かれているピザが美味しいのです。

ビールは美味いし、料理も美味くて雰囲気も良し。決して交通の便が良い場所ではありませんが、いつもにぎわっています。お勧めのビール&レストランですよ。、

« 2011年のビール初めは | トップページ | 箕面ビールへの道のり »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/50689386

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ビール:

« 2011年のビール初めは | トップページ | 箕面ビールへの道のり »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30