無料ブログはココログ

« ビールのヨコタ | トップページ | あくらビール »

2010年10月 8日 (金)

秋田ビアフェス

秋田市でビールのイベントが開催されるというので行ってきました。

秋田市?の音楽イベントに便乗する形で、会場の一角にビールブースのテントを張って提供するという形式です。ビール単独orメインのイベントではないのですが、全国から30種類ぐらいのビールが集められ、なかなかの精悍でした。

0089

秋田市のイベントということで、地元のあくらビールさんと、蕎麦屋の「戸隠」さん(ブログはこちら)。何故に蕎麦屋さん?。実は今の店主さんは東京の八重洲のビアバーで活躍されていた方なのです。地元の秋田に戻って店を継いだものの、本業の蕎麦のほかにもビールにも力を入れていて、今回のイベントを共同で企画運営されたそうです。

0091

さて、会場の様子はこちら。ビールの会場は秋田市中心地に近い駐車場です。駐車場ですからアスファルトの上に雨や日差しを遮るものは何も無い露天のスペースです。この立地が今回のイベントではなかなか厳しい条件だったようです。

ご存知のようにこの夏は全国的に酷暑に見舞われました。秋田市も例外でなく、良い意味でビールに対する注目を集めたようで、前売りチケットは良いペースで販売されました。となると心配なのが集めるビールの量です。ですが会場は露天のスペース。雨が降ったらお客さんの人数は不安定になります・・・・。恐らく主催者さんたちは天気予報に釘付けになっていたでしょう。このあたりのノウハウは回を重ねるごとに蓄積されるのでしょうけど、今回初めての開催になる秋田ビアフェスに求めるのは酷なものです。でもメインに日曜日の午後早々に当日券の販売を止めざるを得ない状況になったのは、今後の反省材料としていただきたい点です。会場の関係でしょうけど、着席スペースが少なかったのも気になりました。酷暑で立ち飲みしたので、私は頭がクラクラしてしまいました。

何だかんだ文句?を書いてしまいましたが、第1回目のイベントですので全てが上手くいく訳がないのは私も体験的に知っています。改善要望は次回の課題として、一歩ずつ規模と内容を充実させていけば良いのです。来年以降に大いに期待しています。

会場で活躍されていたボランティアの皆さまお疲れ様でした。皆さん地元の方とのこと、秋田にもクラフトビールを愛する方が少しずつ増えているようで安心しました。

« ビールのヨコタ | トップページ | あくらビール »

ビールのイベント」カテゴリの記事

ビールを考える」カテゴリの記事

ビール:東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/49665621

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田ビアフェス:

« ビールのヨコタ | トップページ | あくらビール »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30