無料ブログはココログ

« JCBS2010について(結果発表) | トップページ | 長万部温泉 »

2010年9月28日 (火)

長万部駅

初夏の頃に用事があり、渡道しました。時間があったので長万部駅で途中下車することに。長万部駅は函館本線と室蘭本線の分岐駅で、国鉄時代には機関区が置かれるほどの鉄道交通の要所でした。かつては急行「ニセコ」を牽引するC62や長大な貨物列車の先頭に立つD52といった大形蒸気機関車がたむろした広い構内には、ぽつんとディーゼルカーが止まっているだけになっています。

Img_2828

かろうじて特急列車が止まるので、その時だけは華やかになりますが、乗り降りするお客さんの数は数えるほどでした。

Img_2804

貨車の入換えが盛んに行われていたのでしょう。駅構内には照明塔が残っています。もちろん証明機能は取り外され鉄塔だけになっています。

Img_2832

広い構内に対して駅舎は小ぶりです。近年に建替えられたのでしょうか?。

Img_2831

長万部駅の駅弁は「かにめし」が有名です。駅近くに製造元の店舗がありました。やや古い建物ですが長年の風雪に耐えた雰囲気があります。せっかくですから、こちらでかにめし弁当を購入しました。

« JCBS2010について(結果発表) | トップページ | 長万部温泉 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/49582479

この記事へのトラックバック一覧です: 長万部駅:

« JCBS2010について(結果発表) | トップページ | 長万部温泉 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30