無料ブログはココログ

« 木曽谷の美味い?ビール(その2) | トップページ | Beer Bar NORTH ISLANDの昼飲み »

2010年6月25日 (金)

霧多布温泉

私はJR時刻表の大型版を愛用していますが、北海道の道東を路線図をぱらぱらめくっていると、いつも気になる温泉がありました。花咲線(根室本線東端)浜中駅の海側にある霧多布温泉です。名前が良いですね。どんな温泉だろうとあれこれ想像してしまいます。

14

先日の北海道旅行で訪ねてみました。浜中駅からのバスは1日に3本。運転本数の少ない花咲線との組み合わせるには大変です。

1

浜中駅前で発車を待つバス。乗客はわたしだけでした。浜中駅前には1軒の商店と数件の民家、少し離れたところに小中学校があるだけで、残雪に氷雨が降るとても寒い場所でした。

ところで、浜中町といえば根釧台地の一画にあり、広々とした酪農の町というイメージを持っていました。それは間違いではないのですが、バスが進んで海岸に出るとボツボツと集落が現れ、段々と人家の密度が増してくる様子を見ると、???となりました。実際には漁港を中心に町役場や郵便局、銀行を備えた規模のある街だったのです。

浜中と聞いて「町営軌道」をぱっと思い浮かべてしまう自分の知識の浅はかなこと・・・・。

2

というわけで、前書きが長くなりましたが霧多布温泉です。道東の鄙びた温泉を想像していたのですが、町営の公民館的な温泉施設でした。

3

ロビーの。このどーんとしたスケール感覚は北海道ならではです。

海に突き出た丘の上にある公営の温泉施設なので、沸かし湯の循環なのは仕方のないところ。ただスケジュールの関係で開店早々に入ったので、見事に一番風呂でした。露天風呂からの景色もなかなか良し。すっかり温まってロビーでクラシックを飲んでしまいました。

海産物は隣の厚岸漁港の牡蠣が有名ですが、浜中の昆布も負けていはいません。豊富な海産物を出している食堂もあるみたいですから、しっかり下調べをしてから、改めて浜中町を訪ねてみたいです。

« 木曽谷の美味い?ビール(その2) | トップページ | Beer Bar NORTH ISLANDの昼飲み »

汽車旅」カテゴリの記事

温泉・銭湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/48709826

この記事へのトラックバック一覧です: 霧多布温泉:

« 木曽谷の美味い?ビール(その2) | トップページ | Beer Bar NORTH ISLANDの昼飲み »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31