無料ブログはココログ

« JCBS 2010について(裏方準備編) | トップページ | JCBS 2010について(懇親会) »

2010年5月31日 (月)

JCBS 2010について(ジャッジ編)

JCBS 2010にジャッジ(審査員)として集まった方は約100人。エントリーされたビールは全て銘柄を隠したブラインド形式の審査方法で、プロのブルワーさんからビアパブの店員さん、日頃からビールの勉強をされている方からが中心になってビールを評価していきます。

Jcbs11

ジャッジは10ほどのグループに別れて審査します。まずは各グループのリーダーさんをあつめて念入りになミーティングをします。

Jcbs06

いよいよジャッジ開始です。

裏方から小さなプラコップに注がれたビールが次々に出てまいります。香り、色、泡立ち、味、全体的な印象などをスコアシートに記入しながら評価します。1銘柄の量は少ないですが、銘柄数が多いので大変です。ちなみにライトラガー部門には30近い銘柄がエントリーされていました。

Jcbs05

カーテンの向こうでは裏方のスチュワードさんが活躍中。各テーブル担当のスチュワードさんがビールを注ぎ、持って行きます。前回も参加された方が多かったので、スムースに作業されていました。

11のカテゴリーにエントリーされたビールがジャッジされ、各カテゴリーごとに3つずつのビールが最終審査へと進みます。どのビールが最終審査に進んだのか、これは主催者のNPO法人:日本の地ビールを支援する会のサイトに掲載されているので、ご覧ください。

« JCBS 2010について(裏方準備編) | トップページ | JCBS 2010について(懇親会) »

ビールのイベント」カテゴリの記事

ビールを考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/48495694

この記事へのトラックバック一覧です: JCBS 2010について(ジャッジ編):

« JCBS 2010について(裏方準備編) | トップページ | JCBS 2010について(懇親会) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30