無料ブログはココログ

« やはり宗谷本線が好き | トップページ | Japan Craft Beer Selection 2010 »

2010年3月27日 (土)

音威子府の駅そば

天塩川温泉駅がある音威子府村は交通の要所でありました。宗谷本線から、オホーツク沿岸を目指す天北線が分岐する音威子府駅では、乗換え客で賑わったようです。かつてホーム上には駅蕎麦屋さんが営業していて、旅人の空腹を癒していました。

02_4

その後に天北線は廃止されてしまいましたが、駅蕎麦屋さんは音威子府駅の建物に入って営業を続けています。恐らく往時の繁栄を知っている店員さんが一人で切盛りしていました。列車待ちの人たちが一人ふたりと、蕎麦を食べています。

Photo

音威子府の駅蕎麦は、蕎麦がとても黒いことで有名です。醤油ベースの汁なので葱を入れなければ真っ黒です。あくまでも駅蕎麦なので器は味気ないプラスチック製ですが、その白さが黒を強調しています。私は卵を落として色を加えてみました。

美味い!と思う。

北海道は蕎麦の産地で、食感は洗練さには欠けています。蕎麦の殻ごと挽くのでこのような味わいになるとか。これは北海道らしい素朴な味わいとでも言えるでしょう。お勧めです。

ただ音威子府の駅蕎麦屋さんは昼だけの営業で、私も何度かフラれています。食べに行く時には営業時間を確認しましょう。

« やはり宗谷本線が好き | トップページ | Japan Craft Beer Selection 2010 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/47913950

この記事へのトラックバック一覧です: 音威子府の駅そば:

« やはり宗谷本線が好き | トップページ | Japan Craft Beer Selection 2010 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30