無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の3件の記事

2009年12月 4日 (金)

鳴子ブルワリー

峯雲閣の温泉を楽しんだ後は鳴子ブルワリーへ。徒歩10分ぐらい。が山奥の秘湯の雰囲気がある峯雲閣に比べ、こちらはキャンプ場もあるオープンな雰囲気です。共通しているのは紅葉の美しさです。

01_5

囲む山々の紅葉が綺麗な鳴子ブルワリー。醸造設備と土産物屋を併せている建物が、場違いなぐらいに大きいのは第三セクター系の施設の宿命か。

03_4

温泉あがりなので、まずはビールです。

ピルスナーのすっきり感は湯上りにはちょうど良いですし、地元産のフルーツを使った発泡酒もさっぱりしていて好感が持てます。全体的に良い発酵が行われているようで、ブルワーさんのレベルの高さを感じさせられました。

02_4

レストランは清潔感があって、窓から見えるキャンプ場の芝生と併せて、これは良いと思う。ただ場所がらランチタイムのお客さんが引けてしまうと、店内が閑散としてしまうのは仕方ないところ。でも、でも「18時まで営業」とサイトなどで掲示しているにも関わらず、早々と「本日は貸切です」と嘘の札をかかげて店仕舞い作業をしている態度は全く感心出来ません。ビールの出来が良かっただけにとても残念です。

気を取り直して、お隣のスパ鬼首へ。

次のバスの時間までたっぷりあるので、大き目の露天風呂でまったり。内湯で温まって半身浴、足湯、うつぶせ(笑)。無色透明なので単純泉?かな。それでも湯疲れするほどの長い時間を湯船で過ごさせていただきました。帰りの車中ではぐっすり寝てしまいましたよ。

2009年12月 3日 (木)

かんけつ泉

紅葉の時期に再び東北へ。訪ねたのは宮城県の鳴子温泉から少し入った鬼首で、こちらにある鳴子温泉ブルワリーを訪ねるのが第一の目的ですが、もちろん温泉も楽しみます。

01_4

鬼首といえば間欠泉が有名らしい。ガイドブックやパンフレットに必ず書いていますし、私も訪ねたことが無いので、これを機会に行ってみました。バス停から歩いて5分ぐらい。古びた事務所で入場料を払って待つこと数分でお湯が噴出してきました。が・・・・見事に吹き上がるのは解りますし、学術的にも貴重で東北大学?の観測機器が設置されているのも発見しましたが、観光客の視点で見ると、「これだけ?」というのが正直なところです。久々に出会った「がっかり大賞」でした。

02_3

ただ温泉場としては湯量も豊富で、同じ敷地内には大きな露天風呂があります。紅葉の木々を愛でながら入れるようです。とても気持ち良さそうですが、間欠泉目当ての観光客がウロウロしているので、中年男性の私でもさすがに恥ずかしくて入れませんでした。時期を外せば良かったのかも。

03_3

同じく敷地なの遊歩道を行けば小さな滝の脇に出られます。この滝は温泉の滝のようで湯気が湧いています。

04_3

滝の上流には温泉宿の「峰雲閣」があります。後で聞いたのですが秘境の温泉宿として評価が高いみたい。内湯は小さめですが、川側の窓が大きく造られていて気持ち良し。川原に面した露天風呂は大きめで、色づいた落葉と一緒に入れる雰囲気はとても良し。温泉宿の雰囲気としては満点です。今回は午後の日帰り入浴でしたが、宿泊しての夕方から夜の雰囲気はもっと良いでしょう。

2009年12月 2日 (水)

ホテルグランティア秋田

玉川温泉からバスに乗り田沢湖駅へ。秋田新幹線で30分ほど乗れば岩手県盛岡だ。ここにはご無沙汰のベアレン醸造所があるし、翌日の予定の選択肢が広がるけど、やはり秋田県に来たならば秋田市のあくらビールを訪ねない訳にはいかない。こちらは秋田新幹線で45分ほどかかる。さらに駅から徒歩15分ほどの醸造所兼カフェを訪ねたら、顔見知りの醸造士さんがまさに帰宅するところ。足止めをさせて申し訳ないですが、カウンターに座ってしばしビール談義です。

秋田市に泊まる時は「ホテルグランティア秋田」が定番です。ルートイン系列なので大浴場があるのは同じですが、秋田の場合は独立して営業もしているスーパー銭湯なのです。しかも泉質が良くて、宿泊客は何度も入れるのです。秋田らしく、茶色のやや油くさい湯ですが、いかにも温泉らしいです。成分も濃いようで、初めて入った日には湯あたりしてしまいました。でも私は玉川温泉を体験した直後ですから、この程度の濃さがちょうど良く感じられてしまいます。スーパー銭湯ですからサウナもジェットバスもある、もちろん露天風呂も。同じく館内にある居酒屋で飲めばすっかり出来上がって熟睡です。

宿泊者だけの特典は、このスーパー銭湯の朝風呂に入れること。夜は地元の家族連れで賑わっているので騒々しいのですが、朝は宿泊客だけなので落着いて入れます。でも残念なことに宿泊客の皆さんは仕事で利用されている方が殆どで、さっと入るだけの方が多いようです。もう少しのんびりしませんかねぇ。ちょっとした余裕が仕事への活力となると思うのですが。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30