無料ブログはココログ

« 関門海峡 | トップページ | 山田線 »

2009年11月12日 (木)

東田第一高炉

北九州のスペースワールド付近を走っていると、山側に見えてくるのが東田高炉。現在は使っていませんが、鉄の都市、北九州のシンボルとして整備され、記念物として保存されています。

私は以前に仕事で製鉄所に出入りしていました。製鉄所には様々な設備がありますが、その中心にあるのは高炉で、製鉄所のシンボルでもあります。私には懐かしく、つい見に行ってしまいました。

01_2

鉄塔の中にある筒状のものが高炉です。この中に原料の鉄鉱石、コークスと石灰石などを投入して鋼のもとになる銑鉄を作ります。

03_2

どろどろに溶けた鉄を高炉から取出すことを出銑といいます。その作業の様子が再現されています。あまりにも熱いため作業員は耐熱服を着ています。

02_3

出銑された鉄を次の工程に運ぶのがこの車両。製鉄所特有の特殊なタンク車で、形が魚雷に似ていることからトーピードカー(もしくはトピードカー)と呼ばれています。積荷が重いため複式ボギーになっています。銑鉄を取出す時にはタンク部分を回転させて流しだします。

04_2

ところで高炉をはじめ溶けた鉄を扱う設備の材質は何だと思います?。当然ながら鉄ではありません。これは高炉に熱風を送り込む送風管のカットモデル。内部を幾重にも耐火煉瓦で覆われています。高炉にはもっと厚い耐火煉瓦のカバーがかかっているのです。このあたりの説明が今ひとつだったのは残念でした。

« 関門海峡 | トップページ | 山田線 »

こだわり」カテゴリの記事

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/46724649

この記事へのトラックバック一覧です: 東田第一高炉:

« 関門海峡 | トップページ | 山田線 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31