無料ブログはココログ

« 函館街歩き | トップページ | 新玉川温泉 »

2009年11月25日 (水)

西ききょう温泉

函館にはあちこちに温泉が湧いています。しかもどの温泉も微妙に泉質が違うので、何処に行こうか迷ってしまいます。その中で私が選んだのは西ききょう温泉でした。場所は・・・説明しがたいのでネットで検索してください。

02

繁華街や集落、道路沿いといったイメージからほど遠い、農作地の真ん中にあるのです。畦道のような砂利道を走って温泉にたどりつきます。道東の秘湯のような雰囲気です。

03

工事会社の事務所と資材置場、グラウンドに囲まれた場所に西ききょう温泉があるのです。周りの雰囲気といい何とも怪しげな温泉です。出番を待つ土管(ヒューム管)が置かれていました。

01

西ききょう温泉の建物は質素な造りです。道東の温泉場にありそうな雰囲気です。

04

西ききょう温泉は、本来は会員制の保養設備のようです。特定の人のための施設で、公衆を相手にしている温泉場ではない・・・・というのが行きかえりに利用したタクシーの運転手さんの解説でした。真偽は解りません。でも私のようなよそ者も1回の入浴料を払えば問題なく利用できます。ご丁寧に自動販売機まで備えられています。昼下がりの中途半端な時間に行くと、運営母体の建設会社の作業員?と思われる方々で賑わっていました。

さて函館には多くの温泉がありますが、この西ききょう温泉もなかなか特徴があります。まずは浴槽。工事で使う土管(ヒューム管)を輪切りにしたものを、そのまま使っています。露天風呂を覆う囲いもトタンの波板で、野趣あふれるといえば聞こえ良いですが、工事現場の休憩所そのものです。先ほど資材置き場で見たヒューム管は、この浴槽の切れ端かも。

実はこの西ききょう温泉は土管の温泉として、その筋では有名だったのです。特徴あるこの浴槽が内湯と露天に3つずつ、温度を変えた湯で満たされています。湯のにごり具合は谷地頭温泉よりは薄いものの、成分そのものはかなり濃いみたい。床のコンクリートに成分が付着しています。月並みな表現ではありますが、お湯に浸かっていれば体が芯から温まります。温泉としては本物だと思うのです。

温泉としては本物だと思うのですが、存在はかなり怪しいです。土管の浴槽と併せて、それが西ききょう温泉の最大の魅力です。

« 函館街歩き | トップページ | 新玉川温泉 »

汽車旅」カテゴリの記事

温泉・銭湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/46837333

この記事へのトラックバック一覧です: 西ききょう温泉:

« 函館街歩き | トップページ | 新玉川温泉 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31