無料ブログはココログ

« 夏の山陰本線 | トップページ | 「やまぎんレトロライン」でタイトル防衛 »

2009年10月 5日 (月)

みすゞ潮彩

山陰本線の車窓を味わうならば、みすゞ潮彩号に乗るのが良いでしょう。

02_2

海側(画像左側)に向かってシートが並べられているので、大きな窓から景色を眺めることが出来ます。大き目のテーブルは、缶ビールを置くにはちょうど良いです。

11

車体が、やや恥ずかしい系にペイントされているのはご愛嬌ですね。 山陰本線では西端の区間にある仙崎と下関との間で運転されています。このような面白い列車は、もう少し東側の区間でも運転して欲しいですね。

« 夏の山陰本線 | トップページ | 「やまぎんレトロライン」でタイトル防衛 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

もう少し東側……益田より東だったら、下り特急列車の最前列海側が特等席ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/46398215

この記事へのトラックバック一覧です: みすゞ潮彩:

« 夏の山陰本線 | トップページ | 「やまぎんレトロライン」でタイトル防衛 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30