無料ブログはココログ

« 日本海倶楽部への道のり(番外:のと鉄道) | トップページ | オラホビール »

2009年8月 7日 (金)

中島閘門

富山に泊まって、中島閘門を見物してきました。

03_3

閘門とは、「閘門(こうもん)は、水位の異なる河川や運河、水路の間で船を上下させるための装置である『ウィキペディア(Wikipedia)』より」。通常は2つの水門を組合わせです。

欧米ではあちこちで見られますが、内陸水運が発達しなかった日本では珍しい存在です。この中島閘門は富岩運河のほぼ中間地点に設けられていて、約2.5メートルの水位差を越えています。

画像を御覧の通り、水門で仕切られた巨大な水槽(閘室)です。この中に船が入って、前後の水門が閉じられ、水位を調節します。実際に閘室に入った船に乗っていると、船が上下に動くのです。まるで船のエレベーターです。

実用としての運河はその使命を終えていますが、復元されて、国登録有形文化財になっています。いつかはイギリス風のナローボートに乗って、この閘門を越えてみたいです。

« 日本海倶楽部への道のり(番外:のと鉄道) | トップページ | オラホビール »

閘門」カテゴリの記事

運河」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中島閘門:

« 日本海倶楽部への道のり(番外:のと鉄道) | トップページ | オラホビール »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31