無料ブログはココログ

« オラホビール | トップページ | 岩泉線 »

2009年8月12日 (水)

三陸への汽車旅

夏の時刻表をめくっていると、夏休み期間に運転される臨時列車があちこちに運転されています。鉄道ファン的に気になっているのが、東北の三陸地方を縦断するリアスシーライナー号で、下り列車の場合は宮城県仙台を10時頃にに出発して青森県八戸に着くのは18時すぎ。この長時間の運転に挑戦している猛者もいるようです。

Photo_2

『JR時刻表2009年6月号』より

興味はありますが、さすがに全線はお付き合いしかねます。さわりだけでも味わえるのが仙台から気仙沼を結ぶ快速南三陸号で、仙台から2時間ほどの気仙沼線の気仙沼まで走っています。気仙沼線の志津川からは海の景色も味わえるなかなか魅力的な路線です。いつかはリアスシーライナーに乗ろうという思いはありますが、まずは陸前・陸中・陸奥の前半戦の陸前海岸を走る列車に乗ることにしました。

小牛田までは東北本線を快走し、小牛田からはいよいよ三陸ローカル線の旅です。小牛田から石巻線をちょっと走って前谷地からいよいよ気仙沼線です。ところが前夜から徹夜で出発した私は、止せば良いのに仙台で朝からビールです。見事に睡魔に襲われて、気がつけば終点の気仙沼到着を告げるアナウンス。時にはこのような失敗もあります。

01

気仙沼では人気商品らしい秋刀魚を使った弁当を食べます。季節外れでは有りますがなかなか美味いです。ただ秋刀魚の脂の臭みを消すにはやはりビールです。止せば良いのに昼からビールです。今回は居眠りせずに盛駅へ。さらに乗り換えて陸中地方の中心地、宮古へと足を進めていきます。

« オラホビール | トップページ | 岩泉線 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/45893657

この記事へのトラックバック一覧です: 三陸への汽車旅:

« オラホビール | トップページ | 岩泉線 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30