無料ブログはココログ

« 三陸への汽車旅 | トップページ | ベアレン醸造所のブルパブ »

2009年8月13日 (木)

岩泉線

宮古からは山田線で盛岡方面へ。山田線は岩手県庁がある盛岡市と、宮古市を結んでいるのですが、平行するバスに客を取られてしまい、運転本数が極めて少なくなっています。ところが更に分岐している支線があるのです。岩泉線!。全線を通して運転されるのは1日にわずか3本。JR東日本の路線網の中では最も乗りにくい路線の1つです。この路線に乗るためだけに、此処までやってきた私は、やはりアホですよねー。

どんなに運転本数が少なくても、乗る人が居なくなっても駅があります。なかには駅しかない駅があります。そのような駅を「秘境駅」と称して熱心に訪ねている方々が居て、密かなブームになっています。自分のことを棚にあげて言うけれど「アホだねー」と思います。そんな方々がA級の秘境駅としているのが、岩泉線の押角駅です。

01_2

見事に駅、というよりホームしかありません。うっそうとした森林地帯に設置された駅の周囲に人家は全く見えません。それでも列車は停車し、ドアの操作をして、そして発車していきます。

« 三陸への汽車旅 | トップページ | ベアレン醸造所のブルパブ »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/45893699

この記事へのトラックバック一覧です: 岩泉線:

« 三陸への汽車旅 | トップページ | ベアレン醸造所のブルパブ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31