無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の6件の記事

2009年6月17日 (水)

厚木ビール

Good Beer Clubのビールツアーが催されたので、私も参加してきました。行先は神奈川県厚木のさがみビールさんと厚木ビールさん。私は用事があったので、厚木ビールさんからの参加になりました。

厚木ビールの醸造所&レストランは、本厚木駅からバス5分徒歩5分の、かつ国道246号線にも近いのでアクセスしやすい場所にあります。このエリアのビールといえばサンクトガーレンさんが有名で、宣伝上手なサンクトガーレンさんの影に入ってしまい、地味ではありますがビールの方はなかなか頑張っている印象があります。ハニーエールは蜂蜜の香りが適度に残っていて好印象です。もう少し有名になって欲しいビール醸造所の1つです。

毎週土曜日にはブルワーさんがレストランのカウンターに立たれていますので、訪ねてビール談義も面白いです。

2009年6月16日 (火)

「もやしもん」に登場するクラフトビール(その2)

ふたたび「もやしもん」のネタ。

前回から1号空けて掲載された「もやしもん」。、某農業大学構内をパレードするシーンが描かれていて、今回はどのようなクラフトビールのロゴが登場するかと、思い切り期待していました。そしてその期待に見事に応えてくれました。

00102

例えばこのコマ。

パレードの山車?に登場するのは、大山Gビール(鳥取県)、ナギサビール(和歌山県)、あくらビール(秋田県)です。観客席とパレードとの仕切りには、左からこぶし花ビール(埼玉県)、かのうファーム(作品上の架空の銘柄)、右側がプレストンエール(栃木県)です。コマの上から下がっている垂れ幕は、サンクトガーレン(神奈川県)、COEDO(埼玉県)・・・・(解りません、ごめんなさい)・・・・・風の谷(静岡県)とてんこ盛りです。ほかのコマにも描かれていますので最終的にどのビール醸造所が紹介されているのかは、作者の石川雅之氏のブログを見るしかないですね。答えは大手さんを含めて29社だそうです。

クラフトビールが此処まで大々的に取り上げられたのは、恐らく初めてですね。それにしても上記コマので、風の谷以外の上記の醸造所に行った事のある私って・・・。

2009年6月11日 (木)

新幹線のグリーン車

先日行われたCraft Beer Party。とても楽しいイベントでした。ただ開催開始は13時、送迎バスは犬山駅に12時という時間設定は、東京9時の「のぞみ」に乗れば大丈夫なのですが、新幹線には乗り慣れず、いつも格安系の交通手段ばかり使っている私には何を使ったらよいのか迷います。もちろんコスト的な面もあります。使ったのはJR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」のプラン。各駅停車の「こだま」限定ですが、割安に設定されています。ただこだまですから時間がかかります。のぞみなら1時間30分を倍の約3時間。それならばゆっくり座っていこうとグリーン車を選びました。

Crw_9179_rj

(鉄ちゃん的には)700系ですから、こだまといっても使っている車両はひかりものぞみも基本的には一緒。幅が広いシートと、やや暗めの照明の車内では、気分はエグゼクティブです。車内でゆっくりして寝不足の足しにしようと思っていましたが、興奮してしまい、全く眠れませんでした(笑)。

2009年6月10日 (水)

小弓鶴酒造復興への足取り

先日訪ねた犬山ローレライビール。建築家の黒川紀章氏が設計した雰囲気の良いレストランで賑やかに行われました。しかしながら華やかなパーティが行われた建物の隣に広い更地があったことを気づかれた方が居ましたでしょうか?。工事現場の仮設壁の向こうに残された建物には焼け焦げが付いていました。このあたりの話は小弓鶴酒造社長の娘さんのブログに詳しく書かれていますので紹介しましょう。

http://blogs.yahoo.co.jp/tokugawa203

小弓鶴酒造の復興に私が協力出来ることは、犬山ローレライビールを飲むことです。今回のCraft Beer Partyの会場が犬山ローレライビールだったので、私も無理を言って参加しました。

2009年6月 9日 (火)

Craft Beer Party in犬山ローレライビール

恵比寿のビアフェスティバルの翌日には関西のビールファンが企画したCraft Beer Partyに参加しました。会場は愛知県の犬山ローレライビールに、近隣のビール醸造所が参加して6社12銘柄のビールと、それを造っているブルワーさんが勢ぞろいしました。記しておきましょう。

犬山ローレライビール、松原さん

伊勢角屋麦酒:中西さん、平野さん

盛田金しゃちビール:山口さん

博石館ビール:丹羽さん

もくもくビール:(御名前失念)

箕面ビール:大下さん

(ゲスト)城端麦酒:山本さん

今回のイベントは100人限定で募集されました。ブルワーさんやボランティアスタッフが加わっても120人ぐらいのイベントです。会場の犬山ローレライビールのレストランや規模があるので、スペースには余裕があります。

Craft_beer_party

参加者の席が用意されていますが、酔いが入ってきますとあちこちて立ち話が始まります。ビールをネタにあれこれと話が盛り上がるのです。このような場面を提供するのが、ビールイベントの重要な目的の一つだと思うのです。

恵比寿のビアフェスティバル

日本地ビール協会が主催して、恵比寿ガーデンプレイスを会場にしているジャパン・ビアフェスティバルは日本で最大のビール関連のイベントです。私も毎年注目し足を運んでいます。そんな私が思うのです。ジャパン・ビアフェスティバルの混雑ぶりは異常です。数歩あるくごとに他の人とぶつかる混雑を改善されないままでいます。

ビールはいっぱい用意されています。ただそのビールを楽しむ環境が用意されていないのです。ビールをネタにビール好きの方とおしゃべりしたいのです。会場の広さからチケットの発売枚数の制限をした方が良いと思えるのですが、いかがでしょう。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30