無料ブログはココログ

« 「もやしもん」に登場するクラフトビール | トップページ | 恵比寿のビアフェスティバル »

2009年5月27日 (水)

鳴子温泉ブルワリー

久しぶりに、新規(未訪問)のビールを訪ねました。銘柄は鳴子ブルワリー。宮城県北部の温泉地、鳴子温泉から名を取っています。実際にはそこからバスで20分ほど入った鬼首(オニコウベ)地区にあります。近くにはスキー場などがあり、冬には豪雪に悩まされる場所で、日本で雪深いブルワリーの場所のひとつですが、残念ながら冬季は休業のようです。という訳で雪解けして、新緑がまぶしい5月に行ってきました。

001_rj

背景の山の頂付近には、雪が残っています。厳冬期には大雪なのでしょう。

005_rj

庭先から見たブルワリーの建物です。緑に囲まれて気持ち良いです。

雪の覆われるので、このブルワリーは冬眠します。明けて春先のビールは、恐らく昨年に仕込んだものでしょう。長期熟成を経たようで、高原ラガーはとても良いビールに仕上がっています。山葡萄を使った発泡酒は春に仕込んだのでしょうか?。新鮮で適度な酸味と香りがバランスされていて、こちらも良し。

テラス席も用意されているので、夏にはそちらの方が気持ち良さそうです。高原の爽やかな風を感じながらのビールは、より一層美味しく感じられるでしょう。

006_rj

ビールと一緒の温泉はいかが?。

同じ敷地内に日帰り温泉施設もあります。やはり同じ敷地内にあるキャンプ場が好評で連休や夏には大賑わいなようです。今回も山歩きのグループで賑わっていました。それでも適当な広さの露天風呂は快適です。

好印象の鳴子ブルワリーですが、新幹線を駆使しても東京からの日帰りエリアの限界という中途半端な遠さです。鳴子温泉駅からのバスの本数が少ないのもマイナスポイント。日本でも有数の「秘境ビール」でしょう。

« 「もやしもん」に登場するクラフトビール | トップページ | 恵比寿のビアフェスティバル »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/45145346

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子温泉ブルワリー:

« 「もやしもん」に登場するクラフトビール | トップページ | 恵比寿のビアフェスティバル »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31