無料ブログはココログ

« Japan Craft Beer Selection(その2) | トップページ | プレストンエールでビール造り(麦芽投入) »

2009年5月 5日 (火)

プレストンエールでビール造り

ビールの業界に深く携わっていますが、私はビールを造ったことがありません。最近はBOP(Brew on Premises)でごく小規模な設備を使ってビール造りを体験し、自ら造ったビールを飲めるようになっています。以前に紹介した札幌のカナディアンブルワリーや宇都宮の栃木マイクロブルワリーなどがそう。私自身も興味を持っていたのですが、以前から懇意にしていただいている宇都宮市のプレストンエールさんが、ビールを一緒に造りませんか?と声をかけていただいたので、職場の若い衆4人と一緒にビールを造ってきました。

ビール造りには何段階もの行程がありますが、原料の麦芽を粉砕機(モルトミル)で粉砕することから始まります。プレストンエールで使われている粉砕機がこちら。

01

思ったより質素な機械です。今回使用した○○キログラムの麦芽を粉砕するのに90分ぐらい時間がかかるとのことですが、私たちが到着する前に作業は終わっていました。粉砕された麦芽は白い粉末と茶色の殻になっています。

さて、この粉砕機は白い粉になった麦芽をあたりに撒き散らします。機械の内部に入った麦芽を掃除して粉砕機をメンテナンスするのは、醸造担当者の仕事のひとつです。機械のカバーをあけてギヤ部分の麦芽の粉を丁寧にふき取っています。

02_2

普通の醸造所ならば粉砕機が置かれた部屋があって、粉だらけになっているのですが、プレストンエールでは、買物に来ている一般のお客さんが通るデッキで作業を行いますので、、床を掃除するのも仕事のひとつ。モップをぬらしてふき取っていきます。これは私たち、特に若い衆が作業をしました。

03

この行程はビール造りの下準備の段階で、次回からいよいよ醸造所の内部に入っての作業になります。

« Japan Craft Beer Selection(その2) | トップページ | プレストンエールでビール造り(麦芽投入) »

ビールを考える」カテゴリの記事

ビール:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/44893687

この記事へのトラックバック一覧です: プレストンエールでビール造り:

« Japan Craft Beer Selection(その2) | トップページ | プレストンエールでビール造り(麦芽投入) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31