無料ブログはココログ

« 出雲路ビール | トップページ | 目黒タップルーム »

2009年4月 3日 (金)

三次ベッケンビール

バスに乗ってたどり着いた先は、三次ベッケンビール。

三次は広島県のほぼ中央に位置する盆地の町。鵜飼で有名で、近年は雲海の景色で売り出していますが、失礼ながら全国的にはマイナーな地であります。だいいち三次を「みよし」と読めない方も多いのでは。山陽本線、山陰本線といった鉄道交通の流れからも外れているので、私のような汽車旅派にはどうしても遠い町というイメージしかなかったのです。

ところがここ数年、三次を訪ねることが多くなっています。それは三次ベッケンビールの存在が有るから、、、というより三次ベッケンビールを飲むためだけに三次を何度も訪ねています。初めて訪ねたのは2003年春で、地方のビールにしては頑張っているなー程度の認識でした。むしろ名物の鵜飼をデザインしたキャラクターが、田舎くさくて印象に残っていました程度です。

ところがここ数年の三次ベッケンビールの評判はとても良いですし、私もその意見に賛同しています。大阪の飲食店で飲んだ時におや?と思ってしまいました。それ以来の三次詣では今回で3回目です。事前に連絡しておいたので、ブルワーさんが応対してくれました。

01

店は三次駅から徒歩5分ぐらい。背の高いホテルに隣接しているので、迷うことは無いでしょう。ブルワーさんの案内で醸造設備を見学させていただきました。レストランのホールと駐車場に挟まれた細長い場所にあって、醸造能力にちと問題があるみたい。でもこの設備を駆使して三次ベッケンビールを造っているブルワーさんの技術と熱意には頭がさがります。三次ベッケンビールといえばヴァイツェン系が有名ですが、私にはやや色が付いたラガー系の方が気になりました。皆さんの評価はいかがでしょうかね。

03_2

ランチタイムはヴァイキング形式のようです。

たまたま「地産地消」フェアをやっていて、地元の食材を集めた献立になっていました。盆地の三次ですから海の幸は少なく、畜産物や野菜がメインです。鶏の唐揚げとか生野菜に天麩羅とか、ありふれた内容ですが、ごく普通にとても美味しかった!。これで880円は安いです。ビールもすすみます。三次詣でのペースが上がりそうです。

« 出雲路ビール | トップページ | 目黒タップルーム »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/44531527

この記事へのトラックバック一覧です: 三次ベッケンビール:

« 出雲路ビール | トップページ | 目黒タップルーム »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30