無料ブログはココログ

« 萩ビール村塾の思い出(その1) | トップページ | 多摩の恵で宴会 »

2009年2月18日 (水)

萩ビール村塾の思い出(その2)

萩ビール村塾は、さすがに東萩駅前のビルでは手狭だったようで、郊外に移転しています。本業の柑橘類加工業、ジュースとかジャムとかといった販売店も兼ねているので、他の設備をこの場所と集約したのかもしれません。

改めて訪ねたのは2005年の夏でした。場所は萩市郊外の越ヶ浜。漁港やマリーナが集まる場所です。漁村や漁協もあるので、萩市からバスはそこそこの本数が有りますが、隣接している「ちょんまげビール」と一緒に訪ねたいので、東萩駅からレンタサイクルを借りてセットで訪ねることにしました。(厳密には飲酒運転です。)

ところで、この越ヶ浜一帯は、地理学用語でいう陸繋島と陸繋砂州で、バスの終点までは砂州で平坦ですから気軽なサイクリングですけど、肝心の萩ビール村塾がある笠山は陸繋島です。名前通りの地形なので最後200メートルの登り坂がとてもきつい。レンタルのママチャリではギブアップで、押して上がりました。夏の日差しがきつかったです。

11

移転間もない頃だったので、施設は新しくて綺麗。出張販売用?のトレーラーまで用意して、会社側でもビール造りに意欲があったのでしょう。

12

同じ敷地内に柑橘類加工場もあって、それらの製品を販売する店も設けられていました。もちろんビールも飲めます。本格的な飲食施設は無いのですが、夏にはテラス席でバーベキューも出来るみたいです。テラス席を案内していただき、ビールを飲む。私しか居なくて寂しいのは残念ですが、酸味が効いた爽やかなビールでした。

行きは酔い良い、帰りは怖い。
先ほどママチャリを押して上がった急坂は、やはりママチャリで下るには怖いほどの急坂になっています。ブレーキを放すと急激にスピードが上がるのです。いったんスピードが上がるとブレーキが効かない。酔いが冷めるほどのスピードで坂を一気に下ってしまいました。

« 萩ビール村塾の思い出(その1) | トップページ | 多摩の恵で宴会 »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:中国」カテゴリの記事

ビール:休廃業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/44100694

この記事へのトラックバック一覧です: 萩ビール村塾の思い出(その2) :

« 萩ビール村塾の思い出(その1) | トップページ | 多摩の恵で宴会 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31