無料ブログはココログ

« 人吉の温泉 | トップページ | 胎内高原ビールを訪ねる方 »

2009年2月 6日 (金)

胎内高原ビール

クラフトビールは辺鄙な場所に有る、、、実際そうであるビール醸造所もあれば、そうでないビール醸造所もあります。私は夏冬限らずにビール巡礼をしていますが、冬になると、雪深くて大変でしょうと、からかい半分に訊ねられることもあります。でもクラフトビールの世界でも、秘境の温泉宿のような雪深い山道を歩いて数時間という醸造所は、さすがに無いです。

それでも、私のような者の立場から交通アクセスを考えると、此処にビール醸造所を作らなくても良いのでは、、、と思ってしまうビール醸造所もあるのです。銀河高原ビールさんは業界の雄ではありますが、雪深い場所にあるので、アクセスの難易度は高いです。

トータルで考えると、今回紹介する胎内高原ビールはトップクラスでしょう。ビール醸造所が有る胎内市が解る方は数少ないと思います。JRで行くならば羽越本線の中条駅が最寄です。市町村合併で胎内市になりましたが、新潟県中条市と名乗った方が実態に合っているかもしれません。

011_rj

肝心のビール醸造所は、胎内市の山奥のリゾートエリア。文字通りの胎内市の胎内エリアです。遠方の雪山といい、この奥行き感は素晴らしいものがあります。ただこの場所に行くのには、実質的な中心地の旧中条町エリアからバスに小一時間かかります!。しかもそのバスが1日に3往復!!。公共交通機関では来ないでくれ!と言っているようです。

012_rj

近くにはスキー場や規模のあるホテルが有って、リゾートエリアとしての体裁は整っています。でも地域的にマイナーなので、多いに賑わってはいません。地元の期待を背負って建てられたビール醸造所兼レストランは、場違いなほどに規模が大きいものです。

014_rj

見上げるほどの高い天井と大きな窓、そこから見える雪景色、建物の雰囲気はとても良いのですが、これを味わっている人は画像に移っている方と、それを撮影した私の2人だけでした。

このビールは経営的に大丈夫でしょうか?、このまま雪に埋もれてしまうのではないかと心配になってしまいました。

« 人吉の温泉 | トップページ | 胎内高原ビールを訪ねる方 »

ビールの店」カテゴリの記事

ビール:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/43969314

この記事へのトラックバック一覧です: 胎内高原ビール:

« 人吉の温泉 | トップページ | 胎内高原ビールを訪ねる方 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30