無料ブログはココログ

« ゆふいんのもり | トップページ | 延岡のひでじビール »

2009年1月16日 (金)

宗太郎越え

青春18きっぷで旅行していると、運転本数が極端に少ない区間、時刻表上の難所に出くわします。少ない列車の時刻の合わせて、前後のスケジュールを組み立てる、これが行程作成上の腕の見せ所です。

今回の旅行での最大の難所は日豊本線の佐伯から延岡の、大分県から宮崎県の県境区間です。この区間を越える普通列車は1日にわずか3往復。全国屈指の難所中の難所であります。私が選んだのは下りの“第2便”、大分1547→1833延岡の列車です。

この区間は、途中に宗太郎という駅があることから、鉄道ファンからは宗太郎越えと呼ばれています。蒸気機関車が活躍した頃には好撮影地として多くのファンが集まりましたが、今では訪れる人も少なくなってしまいました。

近年、鉄道趣味では別なジャンルから注目されています。それは秘境駅巡りというジャンルで、人里はなれた場所にある、駅以外に何もない駅を「秘境駅」と名付けて、それらを巡る、鉄道趣味でも割と新しいジャンルです。火付け役になったサイトを紹介しておきましょう。

http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/

これから越える宗太郎は秘境駅ランキングでは44位。

たまたま上下列車の交換があったので、列車から降りて周囲を見回してみましたが、駅と列車の灯りだけで、他には何もない、山間の小駅でした。

007_rj

« ゆふいんのもり | トップページ | 延岡のひでじビール »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/43757002

この記事へのトラックバック一覧です: 宗太郎越え:

« ゆふいんのもり | トップページ | 延岡のひでじビール »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30