無料ブログはココログ

« 行縢山への道のり | トップページ | トロッコ列車 »

2008年10月 2日 (木)

ひでじビールの醸造所で飲む

東京からビール巡礼をする。北海道や石垣島のように距離的に遠いビール醸造所はありますが、交通機関を乗り継いで訪ねる、という観点でみますと、ひでじビールは日本でも有数の遠い醸造所の一つと言えそうです。

こう書いたついでに、他の行きづらい醸造所を記しておきましょう。久住高原、萩、くまのビール、曽爾高原、日本海倶楽部、、、、、。

余談は置いておいて、ひでじビールを訪ねるのは、1年ぶりの2回目。遠路はるばるようこそ、ということで思い切り優遇していただきました。前回は醸造所の奥の奥まで見学をさせていただきました。醸造所の奥の方で、実際にビールを造っている方が栓を抜いて、注いでくれたビールはとても美味しかったです。

013_rj

この時の好印象で、私が関わっているポパイのイベント「地ビール100選」に推薦したところ、見事にひでじビールのもぐら(ペールエール)が全国から集めたビールの中からBEST20に選ばれました。一昔前のひでじビールは品質が安定していなくて、「ひでぇ地ビール」とからかわれていましたが、見事に汚名挽回したようです。その後に行われた「Best Beer Selection」でも評判が良かったです。今回は大成功だったイベントへのお礼を兼ねての訪問です。

前回に増しての優遇をしていただきました。

夏の間だけ大自然に囲まれたひでじビールの行縢山醸造所でバーベキューを行っています。食べきれないほどの食材!!。肉も野菜も全て宮崎産のもの、それにひでじビールが飲み放題です。私には更にひでじビールの醸造士さんが2人が付いていました(笑)。

012_rj

現地で、実際にビールを造っている方の話を聞きながら飲む、これはビール巡礼家にとって最大の喜びであります。お話だけでなく、私のグラスが空けば、自ら注いで持ってきていただきました。おもてなしに感謝です。

話すのは、ひでじビールに関することから、クラフトビール業界の話題。ついにはお互いのプライベートな話題まで。酔った勢いであれこれ話したようです。もしかしたら失礼な事を言ったかもしれない。でも私はひでじビールを応援しています。その気が無ければ行縢山まで行きませんよね。そういう事で勘弁してもらいましょう。

この行縢山醸造所は自然に囲まれています。 飲み始めた頃にはミンミン蝉やクマ蝉が賑やかでしたが、夕暮れを告げる蜩に代わってきました。長い九州の夏の日も終わりです、食べ切れないと思った食材も、とても美味しかったのですっかり食べつくし、宴をお開きにしました。

« 行縢山への道のり | トップページ | トロッコ列車 »

ビール:九州」カテゴリの記事

コメント

> 見事に汚名挽回したようです。

汚名を挽回してどうするんですか :-)
返上しましょうよ。

源さん
ありゃ失礼しました。
とにかく最近のひでじビールは、かなりイケルのでお勧めです。東京近辺で樽が飲める店って有るかな~?。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひでじビールの醸造所で飲む:

« 行縢山への道のり | トップページ | トロッコ列車 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31