無料ブログはココログ

« 西宮のBeer Cafe Barley | トップページ | 肥薩線の「いさぶろう」 »

2008年9月17日 (水)

人吉で温泉に入る

話は一気に九州へ。夜行列車で博多に着いて、そのまま乗り継ぎを重ねて熊本県の人吉へ。ホームでは民芸品の「きじ馬」がお出迎えです

21_rj

人吉では乗換えで待ち時間がある。ここは温泉めぐりをしましょう。下の写真は昨年行った、その名も人吉温泉。名前から人吉を代表する温泉施設かと思ってしまいますが、ごく普通の共同浴場です。あまりにも普通なので気持ちが良いです。

23_rj

今回は中央温泉を使いました。駅から歩いて5分ぐらい。大きな建物の影になっていて目立たないですが、構えはなかなか立派です。こちらも入浴料が300円なのは嬉しいところ。

22_rj

浴室は岩風呂風になっていて、クラシカルな趣があります。昨年の人吉温泉と同様にごく平凡な温泉です。温泉は単純泉なのかな?。白く濁っているとか、温泉成分が浮遊しているとか、そんなことはありません。でも湯船は広々として、かつ清掃が行き届いているのは嬉しい限り。

旅の汚れを落として、九州の鉄道の難所、矢岳越えに挑みます。

« 西宮のBeer Cafe Barley | トップページ | 肥薩線の「いさぶろう」 »

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/42502077

この記事へのトラックバック一覧です: 人吉で温泉に入る:

« 西宮のBeer Cafe Barley | トップページ | 肥薩線の「いさぶろう」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30