無料ブログはココログ

« 枕崎へのルート | トップページ | 加世田駅のベンチ »

2008年9月23日 (火)

花渡川ブルワリー

枕崎へ向かった目的は、もちろんそこで造っているビールを飲むことです。

枕崎へ行ったのは3回目。

初めては、汽車旅の一環で南薩線から国鉄(当時)指宿枕崎線と乗り継いで、薩摩半島をほぼ一周しています。2回目は友人が枕崎にて日本の鉄道を全て乗り尽くしたので、そのお祝いに駆けつけています。そして3回目。南薩線が廃止になった後もバス営業所兼待合室として残されて枕崎駅は、ショッピングセンターとしてすっかり姿を変えていました。それで方向感覚を狂わされたようで、駅から目的地の花渡川ビアハウスへの道を思い切り迷ってしまいました。しかも全くの見当違いの方に進んでいたようで、現地にたどり着いた時には、汗だくになっていました。

01_rj

夏の日差しを浴びている花渡川ビアハウス。「さつま白波」の焼酎メーカーが造っています。同じ敷地内には、焼酎関係の資料館もあるようです。今回は時間をロスしたので、ビアハウスへ直行。

02_rj

此処のビールの特徴は、ビールの副原料にさつまいもを使っていることです。これは芋焼酎の産地ならではです。以前に飲んだ時には出来の悪い芋焼酎のような悪い香りが出ていたのですが、今回は悪い面をクリアした綺麗な芋ビールになっていました。特にゴールドは特徴ある香りが良いバランスになっているようです。これは飲めます。ただし飲みに行くには、ちょっと遠いですが(笑)。

03_rj

花渡川ビアハウスは、地元のちょっとした洋食屋という雰囲気でした。お昼どきだったので、地元の方や、お盆休みの家族連れがランチを食べに来ていました。私はカウンター席の端に座ってビールです。枕崎といえばカツオを始め海の幸が有名ですが、今回は時間が無かったので割愛。次回は夜に訪ねて、ビールを飲みながらの料理を愉しむことにしましょう。

« 枕崎へのルート | トップページ | 加世田駅のベンチ »

ビール:九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花渡川ブルワリー:

« 枕崎へのルート | トップページ | 加世田駅のベンチ »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31