無料ブログはココログ

« 門司港駅 | トップページ | 若戸大橋と汽船 »

2008年8月20日 (水)

九州鉄道記念館

門司港レトロ地区の中にあるのが九州鉄道記念館です。これはJR九州の鉄道関係の博物館です。

01_2

迎えてくれるのは、キューロクこと9600形の蒸気機関車。恐らく現役当時は筑豊の炭田を走り回っていたのでしょう。セムが付いていないのは残念ですが、今でも走りそうに整備されています。

03

九州鉄道記念館内には面白い展示もありました。スペース的に他の大規模な鉄道系の博物館には一歩も二歩も劣っているのは残念ですが、小規模なりの工夫が感じられて好印象です。

私が気になったのは2階のレールの展示物。製鉄業の製品であるレールは、今では100%国産化されていますが、そこに至るまでは大いなる努力が重ねられています。国産化前の古いレールを並べることには、製鉄業に根ざしていたこの地域ならではの意義があるでしょう。ただ展示ではこれらの古いレールが並べられていること、国産化への経緯への説明が今ひとつだったのが残念でした。

九州鉄道記念館を訪ねた多くの子供たちには、これらレールの意義が解るにはもう少しの時間が必要で、子供たちの一番人気は、ミニ鉄道だったようです。

04

これらのミニ鉄道は他の鉄道関係の博物館やイベントでも見られますが、この九州のものは気合が入っているようで、なかなか精巧に作られています。走ってくる姿だけを撮影するとまるで本物のようです。窓ガラス越しに見える子供たちの笑顔が印象的でした。

 

« 門司港駅 | トップページ | 若戸大橋と汽船 »

建物が好き」カテゴリの記事

汽車旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/42221284

この記事へのトラックバック一覧です: 九州鉄道記念館:

« 門司港駅 | トップページ | 若戸大橋と汽船 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30