無料ブログはココログ

« 門司港レトロ地区 | トップページ | 門司港駅 »

2008年8月20日 (水)

ブルーウィング門司

先日紹介した門司港レトロ地区に、珍しい橋が架かっています。それはブルーウィング門司。レトロ地区の船溜まりと海峡の境に架かっているのですが、大きな船が通行できるように跳ね橋形式の可動橋になっています。

Photo_3

可動橋の形式として珍しいのは、斜張橋形式の親橋と、単純な構造の子橋がセットになっていることでしょうか。日中は1時間に1回のペースで開閉が行われています。

02

こちらはブルーウィング門司をくぐって船溜まりへ進んでいく関門海峡の観光船。背が低いのでブルーウィング門司が降りた状態でも通行出来ます・・・・というより通行している多くの船がそうで、観光的な要素がとても強い可動橋でもあります。でも大きな橋がグググって動いていく姿は橋好きにはたまらないです。

« 門司港レトロ地区 | トップページ | 門司港駅 »

橋が好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーウィング門司:

« 門司港レトロ地区 | トップページ | 門司港駅 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31