無料ブログはココログ

« 三次ベッケンビール | トップページ | 柳井線からの海の景色 »

2008年8月 6日 (水)

三次駅

前の発言で三次を読めるか?という意味の事を書きましたけど、鉄道ファンには馴染みの地名だったりします。それは芸備線と三江線、そして私が乗ってきた福塩線が集まる、鉄道路線のネットワークの拠点だからです。

しかしながら拠点と言っても、そのネットワークはとても脆弱です。芸備線、三江線、福塩線と聞いても、ピンとくる方は少ないでしょう。広島市へと直結する芸備線の西側は運転本数が有るのですが、それ以外は散々なダイヤ設定なのです。私が乗ってきた福塩線は1日8本、三江線は1日5本しかないのです。駅は鉄道が華やかりし頃の広さ保っていますが、多くは雑草に覆われています。

Photo

それでも20時頃には各線の列車が集まって、一瞬の賑わいを見せています。

« 三次ベッケンビール | トップページ | 柳井線からの海の景色 »

汽車旅」カテゴリの記事

駅が好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/42087048

この記事へのトラックバック一覧です: 三次駅:

« 三次ベッケンビール | トップページ | 柳井線からの海の景色 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30