無料ブログはココログ

« 木次線の旅、出雲横田の駅舎 | トップページ | 出雲路ビール »

2008年8月29日 (金)

島根ビール

パソコン壊して、更新が遅れていました。

山陰地方に行った目的、ビール的には松江にある島根ビール(株)さんを訪ねることでした。 ブランド名は松江地ビールなので、そちらの名前で紹介されていることが多いようです。

00005

松江は島根県の県庁所在地でもあり、山陰地方の有数の都市です。松江城とその城下町の雰囲気、宍道湖の湖の幸と夕焼け、と、とても魅力的な都市でもあります。

ビールの醸造所は、松江駅から観光巡回バスが便利です。観光案内を聞きながらのちょっとしたバス旅になります。場所は城下町の北側。武家屋敷が立ち並んでいるエリアに近いです。小泉八雲さんの旧宅もこの近く。セットで訪ねたら良いでしょう。

00002_rj 

事前に連絡しておいたので、ブルワーさんに案内していただきました。ビールの販売の方は「観光地ビール」の典型で、殆どはお土産物として購入されるようです。地元のでの消費の割合は低いようで、その点が悩みの種のようでした。

00003_rj

醸造所の建物のある2階が焼肉レストランになっています。別組織の会社のようですが、そちらので島根ビールが全種類飲めます。醸造所の見学の後に階段を上がってこの焼肉レストランで飲むことにしました。

00004_rj

ビールが全種類飲めるのは嬉しい。しかしながら、焼肉レストランは独りで入るには、なかなか敷居が高いのです。お客さんの殆どは、家族連れかカップルばかり。そこにおっさん独りで入っても絵になりません。

マネージャーさんが気を利かせてくれて、他のお客さんから離れた場所に席を用意してくれました。通常のメニューには無い、ビールに合った鳥のから揚げや枝豆を用意していただきました。感謝です。

だから、という訳ではありませんが、松江ビールの出来はかなり良く感じられました。ペールエールはすっきりとした苦味が利いていてかなり良し。看板銘柄(と私が思っている)縁結びスタウトはローストの香りと、やや強めのアルコール感のマッチングが良し。聞けばブルワーさんは伊勢角屋麦酒さんで研修をしたとか。やはり!と思ってしまいます。同じく伊勢角屋門下のブルワーさんの出来と比べて遜色ない出来ですね。

縁結びスタウトの名前は、縁結び神社として有名な八重垣神社から取っているのかと思います。濃厚な味わいの麦酒と焼肉。カップルで訪ねるには最高の焼肉レストランですが、残念なことに私は独りで飲んでいました。願わくば縁結びスタウトではなく、縁造りスタウトを造ってほしいです。

« 木次線の旅、出雲横田の駅舎 | トップページ | 出雲路ビール »

ビール:中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/42314096

この記事へのトラックバック一覧です: 島根ビール:

« 木次線の旅、出雲横田の駅舎 | トップページ | 出雲路ビール »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30