無料ブログはココログ

« 倉敷麦酒 | トップページ | 福塩線をゆく »

2008年8月 1日 (金)

福山リーデンビール

山陽本線を西に進んでいくと、岡山で独歩、倉敷で倉敷麦酒、広島県に入って福山のリーデンビール、というのがパターンでありました。

01_2

もともと福山市で漁具を製造販売していた会社が母体になって、ビール会社を立ち上げています。何故に漁具会社が?、その辺りの疑問は専門家にお任せするとして、漁具会社の敷地内に用意されたビールのお店は、当然ですが海に近い場所。駅からは行きづらい場所に有ったのです。

02_2

ビールは決して不味いものではありませんでした。むしろ当時のレベルでは上等だったかと思います。特にピルスナーのすっきりとした苦味はとても好印象でした。今のIPA人気を考えますと、もし生き残っていれば、中国地方を代表するビールになっていたでしょう。今となっては当時の画像を見て、懐かしむだけです。

P8120084

« 倉敷麦酒 | トップページ | 福塩線をゆく »

ビール:中国」カテゴリの記事

ビール:休廃業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/42030079

この記事へのトラックバック一覧です: 福山リーデンビール:

« 倉敷麦酒 | トップページ | 福塩線をゆく »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31