無料ブログはココログ

« ジャパン・ビア・フェスティバル | トップページ | エレファントブロイ »

2008年5月 6日 (火)

ジャパン・ビア・フェスティバル(その2)

行ってきました。

会場の混雑振りについては、何も言うことがありません。主催者の方針なのでしょう。あとエチゴビールやよなよなエールといった有名どころ、志賀高原や博石館といった人気どころが出展していないのは何故なのでしょう。もう皆さん飲み飽きていると主催者側が判断したのかな。

さてネガティブな書込みは此処までにしましょう。ビールの状態はまぁまぁ良かったです。もちろんハズレは有りましたし、当たり!もあります。手前味噌ながら、、名無名関係なく自分の以前から美味しいと思っていた銘柄は、会場で飲んでも美味しかったですし、疑問に思っていたところはやはり???でした。印象に残ったところ列挙しておきましょう。

札幌手作り麦酒(カナディアンブルワリー)、以前から美味しいと思っていましたし、現地に何度も足を運んだりして、微力ながら応援していました。3種類持込まれたビールのうち、特にIPAが好印象でした。まだまだマイナーな醸造所なのでブースが空いていて、列も出来ずにすぐ飲めます。

オゼノユキドケ、といえばヴァイツェン系ですが、最近力を入れている?IPAの透通った苦味がとても良かったです。HeavyHeavyというバーレーワインが早々と品切れになったのは残念でした。

厚木ビールのハニーウィートエールのフレッシュ感とほのかな甘みは好印象、出雲路ビールヴァイツェン&松江ビールペールエールの山陰勢も頑張っています。もくもくビールラオホは今までの私の悪印象を払拭してくれました。オオヤブラッスリーは今後に注目。書き続ければキリがないので、この辺りで止めておきましょう。

ビアフェスのような大規模イベントでは、ビールを造っているブルワーさん、仕事としてビールに関わっている方々、ビール好きの面々と会うのが楽しみの一つです。中心的な存在の蔵家さん、いつも元気なみなみさん、皆さん、楽しげにビールを飲んでいます。

« ジャパン・ビア・フェスティバル | トップページ | エレファントブロイ »

ビールのイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505310/41106045

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパン・ビア・フェスティバル(その2):

« ジャパン・ビア・フェスティバル | トップページ | エレファントブロイ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31