無料ブログはココログ

« オラホビールからの景色 | トップページ | タッチダウンビールの暖炉 »

2008年1月23日 (水)

ベアレン醸造所からの悲報

このブログでは私の暢気なビール巡りを紹介するだけで、時事ネタを扱うつもりはありませんでした。しかし昨日届いた悲報を取り上げないわけにはいきません・・・。

----------------------------------------------------

 22日午後1時20分ごろ、盛岡市北山の地ビールメーカー「ベアレン醸造所」で、ビールの貯蔵用タンク(高さ2・5メートル、直径1・5メートル、容量3000リットル)が破裂して壁を突き破り、隣の部屋で作業していた従業員佐々木陽一さん(36)が、タンクと流し台の間にはさまれた。

 佐々木さんは病院に運ばれたが、約3時間後に死亡した。当時工場は操業中で7、8人が働いていたが、ほかにけが人はいない。盛岡東署が事故原因を調べている。

 同社によると、事故前に、別の従業員が破裂したタンクのバルブを開けてビールをたる詰めする作業をしており、この従業員がタンクのバルブを閉めて隣の部屋に移った数分後、破裂したという。

YOMIURI ONLINE

1月22日21時41分配信

--------------------------------------------

亡くなられた佐々木さんの冥福を祈りたいと思います。

この悲しい事故が起きるちょうど24時間前に、私は現地のベアレン醸造所を訪ね、事務所隣の立ち飲み試飲バーで飲んでいました。

Photo_2

バレンタイン向けの、チョコレートスタウトの注文が大量に入って、醸造所全体が大忙しの活気に溢れていました。皆さんの活躍ぶりを拝見しながら、私は暢気にビールを飲んでいたのですが、ベアレン醸造所の発展ぶりを身近に見て、なんとも頼もしい感じがしたものです。

その24時間後の事故。時間という歯車が一つずれていたら、同じ場所に居た私も事故に巻き込まれていたかもしれません。そして今回の事故がベアレン醸造所に重い現実をもたらした事は、外部の者にも容易に想像できます。原因究明と、一日も早いベアレン醸造所の復活を、それが亡くなられた佐々木さんへの最大の供養となるでしょう。微力ながら応援したいと思います。

« オラホビールからの景色 | トップページ | タッチダウンビールの暖炉 »

ビール:東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベアレン醸造所からの悲報:

« オラホビールからの景色 | トップページ | タッチダウンビールの暖炉 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31